年金でお金を借りる

定年を迎え年金で生活しているかたでも仕事をしているときほど多くはありませんが、まとまったお金が必要になるときがあり、貯蓄が有れば問題ないのですが配偶者が病気になったり、家のリフォームをしなければならなくなったとき不安になることが有ると思います。
年金受給者でもお金を融資してくれる銀行カードローンや消費者金融もありますが、利用できるところは一部の金融会社だけで、ほとんどのところは年齢制限があるため利用することがむつかしいといえます。
そんなときに利用できるのが独立行政法人福祉医療機構の「年金担保ローン」があります。
独立行政法人福祉医療機構は福祉の増進と医療の普及向上を目的として設立された独立行政法人で、その一環として医療や福祉を目的とした貸付けを行っています。
利用できるかたは厚生年金保険、船員保険、老齢福祉年金を除き国民年金、労働災害補償保険を受給されているかたで、年金の受給権を担保にして保健医療や介護や福祉、住宅のリフォーム、冠婚葬祭、債務など臨時生活資金が借りられます。
お金借りるならどこがいい
利用金利は1.6%といった超低金利で融資額は10万円〜250万円までの1万円単位となっていますが、生活資金を目的とする場合は100万円以内になります。
返済は年金を受け取る月の年金のなかから1万円以上で1万円単位のお金を返済することになりますが、返済額は年金支給額の2分の1以下となっていますので、少なくても支給年金の半分は使えるといった公的ローンがあります。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

即日融資とクレジットカード

キャッシングの即日融資は消費者金融のキャッシングや銀行カードローン、クレジットカードを使った方法がありますが、消費者金融のキャッシングとクレジットカードでキャッシングをするときは利用の仕方で違いがあるのでその違いを知っておくことが必要です。
消費者金融のキャッシングカードはお金を借りたり返済するときだけの利用になりますが、クレジットカードも最近はキャッシング枠がついていて、クレジットの限度額内であれば買い物で利用したり、お金を借りることも可能です。
クレジットカードのキャッシング機能は、海外旅行をしたときでも専用ATMでお金を引き出すことができるので、国内や行った先で両替をする必要がなく安全な旅行ができますが、キャッシングカードは海外での利用はできないという違いがあります。
クレジットカードとキャッシングカードで大きく違うのは金利計算方法で、金利そのものはさほど差はありませんが、クレジットカードの金利計算は締切日から返済日までの金利を払わなければならないので、締切前に借りたお金の金利はその日から翌月の返済日までになりますが、締切日翌日にキャッシングをすると翌々月の締切日までの金利を払うことになります。
キャッシングカードの金利計算は1日単位の計算になるので、返済途中で繰り上げ返済や一括返済で返済をするときはその日までの金利計算になるので大きく金利に差が出てしまいます。
お金を借りるときはキャッシングカード、買い物をするときはクレジットカードと使い分けるほうがおとくな使い方といえます。

Posted in 消費者金融 | Tagged | Leave a comment

学生でも銀行でお金を借りることは可能?

銀行でお金を借りるのは、学生でも可能なのでしょうか。カードローンの利用者は年々増えてきているといいますが、そのなかでも最近では若い方のカードローン利用が急速に増えつつあるといいます。昔のようにカードローンに悪いイメージがなくなったこと、またスマートフォンやケータイから手軽に申し込みできる点なども要因となっているのでしょう。しかし学生、となるとまた話は別です。

学生の場合でももちろん借りられるカードローンはたくさんあります。学生のうちは意外とお金を使う機会が多いですから、学生専用の学生ローンなどは若干金利が低く設定されていますし、また一般の消費者金融でもアルバイトをして一定の収入のある学生であればお金を借りることは可能です。しかし、審査のそもそも厳しい銀行カードローンのなかには、学生の利用だけでなくアルバイトの利用も不可としているところもあります。

それでも学生が銀行カードローンを全く借りられないか、というとそうではありません。なかには学制可のカードローンも存在します。例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、学生ですと親権者の同意が必要となり、また利用限度額は10万円以内ですが借りることは可能です。

また楽天銀行カードローンや新生銀行カードローンのレイクも満20歳以上でアルバイトなどで勤めているなら学生でも申し込み可能、としています。学生の場合、そんなにお金に余裕もないですから、利息にあまりお金をかけたくはないですよね。金利の低い銀行カードローンが利用できればうれしいですが、審査はそれなりに厳しくなります。あまりアルバイトの収入が多くない、また一定の収入になっていないなど審査に対して不利な状況なようでしたら、銀行カードローンを利用するよりももっと審査に通りやすい学生ローンや消費者金融のローンを利用する方がいいかもしれません。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

銀行のフリーローンを利用する

フリーローンは使い道を決めることなく自由に使える融資を受けるローンで、一般的にカードローンといえばフリーローンをいいます。
フリーローンの中でも消費者金融のフリーローンにくらべ、銀行のフリーローンは金利も安く、融資限度額が少なければあまり金利の差はありませんが、融資金額が大きくなると消費者金融の下限金利はほとんどのところが4.5%〜4.8%なのに対し、銀行のフリーローンは各行で違いがあり、最近では3.0%という銀行のフリーロンも出てきています。
審査時間をみてみると消費者金融は審査も比較的あまく、即日融資のところが多くありますので即日融資を申込むのなら消費者金融といわれていましたが、最近は銀行の審査も早くなっていてカードの発行までわずか30分でカードが受け取れる銀行のフリーローンも出てきています。
消費者金融は総量規制の対象となっていますので、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されますので借入限度額に近い融資を受けているかたや、年収のない主婦のかたは利用できませんが、銀行のフリーローンは年収に影響を受けず、銀行の審査にとおれば借入限度額は低いですが収入のない主婦のかたでも審査に通れば融資を受けられることや銀行という安心感から人気がでてきています。
いずれにしろフリーロンでお金を借りれば毎月の返済が始まりますので借入をする前に返済シミュレーションなどを使って返済計画をたて、無理なく返済を続けていけることが必要になってきます。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment