学生でも銀行でお金を借りることは可能?

銀行でお金を借りるのは、学生でも可能なのでしょうか。カードローンの利用者は年々増えてきているといいますが、そのなかでも最近では若い方のカードローン利用が急速に増えつつあるといいます。昔のようにカードローンに悪いイメージがなくなったこと、またスマートフォンやケータイから手軽に申し込みできる点なども要因となっているのでしょう。しかし学生、となるとまた話は別です。

学生の場合でももちろん借りられるカードローンはたくさんあります。学生のうちは意外とお金を使う機会が多いですから、学生専用の学生ローンなどは若干金利が低く設定されていますし、また一般の消費者金融でもアルバイトをして一定の収入のある学生であればお金を借りることは可能です。しかし、審査のそもそも厳しい銀行カードローンのなかには、学生の利用だけでなくアルバイトの利用も不可としているところもあります。

それでも学生が銀行カードローンを全く借りられないか、というとそうではありません。なかには学制可のカードローンも存在します。例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、学生ですと親権者の同意が必要となり、また利用限度額は10万円以内ですが借りることは可能です。

また楽天銀行カードローンや新生銀行カードローンのレイクも満20歳以上でアルバイトなどで勤めているなら学生でも申し込み可能、としています。学生の場合、そんなにお金に余裕もないですから、利息にあまりお金をかけたくはないですよね。金利の低い銀行カードローンが利用できればうれしいですが、審査はそれなりに厳しくなります。あまりアルバイトの収入が多くない、また一定の収入になっていないなど審査に対して不利な状況なようでしたら、銀行カードローンを利用するよりももっと審査に通りやすい学生ローンや消費者金融のローンを利用する方がいいかもしれません。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

銀行のフリーローンを利用する

フリーローンは使い道を決めることなく自由に使える融資を受けるローンで、一般的にカードローンといえばフリーローンをいいます。
フリーローンの中でも消費者金融のフリーローンにくらべ、銀行のフリーローンは金利も安く、融資限度額が少なければあまり金利の差はありませんが、融資金額が大きくなると消費者金融の下限金利はほとんどのところが4.5%〜4.8%なのに対し、銀行のフリーローンは各行で違いがあり、最近では3.0%という銀行のフリーロンも出てきています。
審査時間をみてみると消費者金融は審査も比較的あまく、即日融資のところが多くありますので即日融資を申込むのなら消費者金融といわれていましたが、最近は銀行の審査も早くなっていてカードの発行までわずか30分でカードが受け取れる銀行のフリーローンも出てきています。
消費者金融は総量規制の対象となっていますので、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されますので借入限度額に近い融資を受けているかたや、年収のない主婦のかたは利用できませんが、銀行のフリーローンは年収に影響を受けず、銀行の審査にとおれば借入限度額は低いですが収入のない主婦のかたでも審査に通れば融資を受けられることや銀行という安心感から人気がでてきています。
いずれにしろフリーロンでお金を借りれば毎月の返済が始まりますので借入をする前に返済シミュレーションなどを使って返済計画をたて、無理なく返済を続けていけることが必要になってきます。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment